お出かけ

ロングドライブwith三男

2日間で703キロ

往路はほぼ私が、復路はほぼ三男が運転しました。

多分いつもの年だと、高速道路など渋滞があっただろうに、繋がることはあってもスイスイと運転することができました。

stayhomeの特別なお盆。

この日でなければ、一人の運転になり自信なかったのであえて三男を誘い、三男も行ったことのない道東をドライブでした。

素敵な朝ごはん

朝ごはんは地元の食材をふんだんに取り入れた、素敵なお料理。

特に砂糖や乳製品を入れず、キャラウエイ入りのパンは素朴で美味しかった。

今回は、ここをお庭にというご依頼の調査で伺いました。

予算内でいろんな問題をクリアしなければできないのですが、やりたい仕事だけをするっ、という私の信念に基づいて力になりたいと思っています。

帰り道

予定は何も組んでいない気ままなドライブ。

本当は釧路にも立ち寄りたかったけど、それは断念。

ビジターセンターで湿原の勉強をちょっとして、

展望台から湿原を眺めてきました。

一週間くらいロングステイで、湿原の川下り(上り?)をしたり、自転車で周囲を回ったり、温泉巡りをしたり、ときには海に行ったり。

そして爽やかな風に吹かれてお昼寝したり、本を読んだり。

マスクなんて無用の生活を楽しめそう、、と、、つくづく思いました。

今は特にどこも空いているので、かなりゆっくりできますね。

34度の帯広

道の駅に寄ったり、ゆっくり運転していったので、帯広にたどり着いたのは午後3時でした。

三男の頭の中には「豚丼」の文字でいっぱい。

そう。

今回のドライブでは「豚丼、食べさせるから」と、まさしくこれを餌にしたのでした。

実は帯広ではいろんな豚丼食べていますが、一番有名な「ぱんちょう」だけはまだだったんです。

だって、いつも並んでる。

並ぶのに嫌いな私。

昨日はお盆だけど平日だし、3時すぎてるから大丈夫でしょう。。と思いましたが、、、考え甘かったです。

暑い中、ぐるりと並んでいました。

そしていったことのない店から選んだのはここ。

到着した時はやや並んでいましたが。

どうせ食べるなら、特上ロース丼並盛り1200円にしました。

いヤァ。。かなり美味しかったです。

そして店員さんがとってもよかった。

並んで、買い方にもたついたり、車停めるまでタイムロスあったりしたのですが、観光客慣れしていない、とても素朴で気持ちの良い対応してくださいました。

だから美味しさも倍増。

最後に訪れたのは、ここ。

十勝トテッポ工房。

この建物を設計したのが仲良くしている建築家の鈴木理さん。

ここの植栽がとっても好き!ということで、行ってきましたよ〜。

ふんふん、なるほどね。

グラスふんだんに使って、ピートさんみたいな植栽。

中でも気になった、このグラス。

相当大きいです。

これ、なんていうのかなぁ。

植栽デザインはどなたか聞いていませんでしたが、多分十勝はあの方だと思うので、後で聞いてみよう〜。

家庭には大きすぎるグラスだけど、大型ガーデンにはとても良いですね。

PCR検査

ところで。

三男とは濃厚接触な私。

三男帰ってる直前に、町立病院で町民にかぎりPCR検査が受けられる(自費で)ということが広報されました。

一週間の帰省になるので、ちょいと高くても安心料と考え、検査を受けることにしました。

結果、めでたく陰性。

100%ではないと分かっていますが、これで窓越しではなく、おじいちゃんおばあちゃんとも会えますね。

そして一応、夫も私も安心かと。

今や誰でもかかる可能性のあるこの病気。

こんなことしなくても、遠くに離れた家族や友人、知人が会える。

そして自由にどこでも行き来できる。

ライブだっていける(ドライブ中、QueenのLiveaideを聴きながらきたもので、やっぱライブとかイベントとかっていいな。。と)。

そんな世の中に戻ってほしい。

つくづく思ったのでした。

 

 

 

 

カテゴリー
アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です