日記

夢は庭のデザイナー

これ。

1997年38歳の時の道新空知版に載ったものなのですが
「夢は庭のデザイナー」って、当時の記者さんが見出しに使ったということは、話の中でインパクトがあったという事だと思うのですが
何を言ったかは全然覚えていなくて、印象的だったのは長女が友達のお母さんに「Hちゃん(長女のこと)のお母さんって、まだ夢があるんだね」って言ってた事。
この頃はまだタネをまいた、苗ができた、売ってみようか、HBマスターの資格を取った、しごとに活かせるかーーー
くらいの意識だったと思うんです。
そのあと、行動を起こす度に出会いや気づきがあり、教えてもらったり助けてもらったり励ましてもらったり。
気がついたらガーデンデザイナーとなっていました。
38歳子供4人、超田舎住まい。
当時は田舎暮らしなど都落ち的なイメージでしたから、夢などどのように見るのか、という感じだったかと思います。
実際私もイギリスに勉強しに行きたいとか、専門的なこと学びなおしたいとか、悶々としたものでした。
でも、現実は無理
ならば今自分に出来る事をただただ一生懸命、自分のペースにちょっと足す、ちょっと頑張る、持続できなければ意味がないので、無理せず無理して頑張る、を続けた結果が今なのでした。
この記事を振り返り、ちょっと嬉しく、そして今また初心に帰ろうとしている自分、という事なのかもしれません。
気がついたら25年。
そして思い描いていた仕事となっていた。
ちなみに小学校の卒業文集にも「デザイナー」と書いていましたね。
当時はデザイナーって服飾デザイナーしか知りませんでしたが。

今日も多くの皆様がコテージにお別れに来てくださいました。
全部は撮れませんでしたが。

11月にお会いできますね。

古くからのおつきあい。
ありがとうございました。

来てくださって嬉しかった。
いつまでもお元気で。

本当に長年通ってくださる方ばかり。

1996年からずっときてくれてる!



いつもいっぱい買ってくれてありがとう。


わがままを聞いてくれてありがとう。

今度また家に遊びに行きたい。

楽しい教室でしたね。

いつもありがとう??

すっごく上手にできました!

駆けつけてくれてありがとう!
皆さんによろしく!

またどこかでお会いしましょうね。

泣かないで!本当にありがとう!

いつまでもお花好きでいてね。

最後にお会いできてよかった!

着物部でよろしく!

あの時のジャケットは大事に着ています!

お買い上げありがとうございます!

今度は私も仲間に入れてね。
明日はマスターコース。
レクチャー室と店を行ったり来たりです。
遠慮なくお声がけくださいね。

カテゴリー
アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です