庭仕事の現場

防草シートと段ボール

別荘というより

施主さんは、、別荘というより二拠点生活と言った方がいいような感じがします。

すでにリタイヤされているご主人と、リモートでバリバリ仕事されている御夫人。

そんなお二人の庭に関わらせていただいた、、、かれこれ、、、、7年くらい?

植え床

やはり、、、防草シートに穴を開けて植えたのでは、、、育たない、そんな結果。

植え床、、大事です。

前回はその場を掘って植えただけでしたが、今回はしっかり起こして土壌改良剤を入れることにしました。

やはり、、、防草シートに穴を開けて植えたのでは、、、育たない、そんな結果。

株が大きくなっていたら、もっと違ったイメージですが、株が小さくてメリハリなし、、、、。

木の根もあり、大量の雪に毎年押し潰されて、、、

なので、ユンボ登場。

で、この後耕運機ですが、施主さんが用意してくださった堆肥が、、、今売り出し中の河村通夫の敷きつめ堆肥。

これ、、めっちゃいいのですが。。。。もちろん中に入れてもそのうち分解はするのですが、、、、、

よく見たら、、、アルアル、、お宝発見。

落ち葉と芝生の堆肥。

こちらと、土壌の菌を増やすというペレット状の堆肥を使うことにしまいた。

段ボールマルチ

そして、、、宿根草を植えるとエリアと低木エリアをはっきり分けて、宿根草花壇には段ボール、低木エリアにはすでに敷いてある防草シート。

敷きつめ堆肥を段ボールの上にたっぷり敷きました。

バックには新たにクロバナロウバイを6株植えましたが、支えるためというより、当分雪囲いが楽にできるための支柱をしました。

勾配がきついので、、、チップが流れないかどうか、、、ちょっと心配ですが。

先においたチップも流れていないので、大丈夫でしょう。

まずはこの前でポーズ。

続きはまた明日。

 

カテゴリー
アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です