famiiy

卒寿*贈り物編

記念品

母は贈り物が好きです。

昔から(笑)。

今までも私たち兄弟に、孫たちに色々と。

今回も悩んでいました。

私が忙しくしていたので、その相談にのたりのたりと乗っている間に、待ち切れず皆に頼んんだ記念品。

デパートが大好きだった母の買い物先は、今やテレビショッピングと高齢者向けの通販雑誌と新聞の広告。

月刊お茶の間から取り寄せました。

手持ちの和紙とか紙袋。

例えばのし袋なども良いものをストックしてあって、いつでも出せるようにしてある。

こういう備えはさすが、とわが母ながらいつも感心しています。

刺繍と写真

もう一つ用意したもの。

母が一人に一つずつ用意しました。

母は昔から手芸が大好きで、一時刺繍を楽しそうにやっていたのを覚えています。

深くはやっていないけど、広く浅く。

この刺繍は私も大好きな青木和子さんのキットで刺したようです。

私もいつかこうやって、ひと針ひと針刺していくそんな冬のおうち時間が来るといいな。

そして、、

母オリジナルの花のポストカードもね。

ご存知の方もいるかとは思いますが、母はアマチュアの写真家です。

斬新なものではないけど、母が感じた花の世界観を写真で表現。

母は写真道展で一席をとった後に札幌の斎藤ギャラリーで個展。

コテージガーデンの10周年で自宅で花の写真の個展。

その後15周年では子供の写真中心の個展を開きました。

この後、写真集を出すのが母の夢。

最近は一度にいくつものプロジェクトができなくなってきた私。

一つ一つを丁寧に行いたいという気持ちもあってなかなか取り組めない。

母も90歳。

時間がたっぷりあるわけではにので、少し急いで。。力になれればと思っています。

長女の仕事

遠くにいるし仕事があるので出席できるかどうか微妙で、直前に帰国が決めて帰ってきました。

この飾り。

台南で紙を見つけるのが大変だったといことでしたが、長寿をお祝いするにふさわしい色合いと形。

結構好きです。

最初、壁にと考えていたようですが、吊るしたら?と提案して、それも成功。

なんか、、、素敵に見えませんか?

イラレを持っていなくても、別のアプリで作れるって〜。

長女がいるうちに覚えたい。

 

そしてもう一つ。

お祝いは二人欠席で、のんちゃん入れて19人+赤ちゃん2人。

その人数分の父と母へのメッセージカードを長女が切り絵で手作りしました〜。

これが全くオリジナルで、、、、。

ほら、のんちゃんもちゃんと字を書いて。

カメラ向けると必ずウインクののんちゃん(笑)

これはほんの一部。

あとで借りて、ゆっくり撮影しましょうね。

挨拶する父。

明日も続きますが今日はこの辺で。

 

 

 

カテゴリー
アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です