うちの庭

庭の草取り

除草=草取りっって北海道では言いますが、草引きとか草むしりとか草抜きとか。。。

私のいう草とりは根こそぎとることです。

が、これがなかなか手強い。

一旦きれいにしたエントランスですが、、瞬く間に草だらけになり、、、

今の様子。

最初の最初の写真は動画でした撮っていなくて、、使用前をお見せできないのが残念ですが。

6月初めの様子↑

昨日、作業が済んだところ↑

6月始めに除草してもらった(この時は私が忙しくてガーデナーにお願いしました)時は、少ししか見えていなかったドクダミが今花盛りで、たんまり取れました。

春はまだ根が弱く、すぐに切れてしまうのですが、花が終わることろには根がしっかりして来て取りやすくなります。

そして根を辿れば枕木の下までたっぷり。

スコップひとつぶんの深さまではしっかり掘りますが、最後の一力が大事。

昨日は黙々とやり、達成感いっぱい。

そして、、、ここまでやって!!と人にお願いするのは、、、なかなか頼みづらく。

やはり自分で納得がいくまでやるのが一番だと、、いつも感じることであり。

庭の名人、元スタッフのE山の話でいつも出てくるのが、、スギナ取り。

スギナの根っこって、、どこまでもあるのですが、それをどんどん取っていくと自分の背丈ほどの穴と山ができて、徹底した草取りの後、一切スギナが出なくなったと。

まあ、これは土質とかにもよりますが、この話をいつも思い出すことにして、時には重機のお世話になり、時には人様の手を借りて自分の庭の草取りに励みたいと思います。

昔々、この庭を作った時に敷いた枕木。

40代前半。

若かったのだと思います。

多少は人の手を借りましたが、ほぼ自分でやりました。

チェンソー使って、持てる大きさに刻んで。

昨日、一個持ち上げようとしましたが、、、無理でしたね。

体壊さぬ様、誰かの手を借りてやろうと思っています。

ここも全部取り替えです。

根っこを取るチャンスですね。

 

 

 

 

カテゴリー
アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です