ノーザンホースパーク

ノーザンDay

滞在1時間半

朝出発前に親方が来たので、少々打ち合わせがあり到着が遅れました。

私の住む月形町からノーザンホースパークのある苫小牧市までは95キロくらいなので、真面目な道を走ったら2時間。

私は通い慣れた農道を駆使して行きますし、最近337が長沼道の駅まで伸びたので1時間半で到着です。

一年前の同じ日にもノーザンへ行きましたが、本当に交通量が少なく、幹線道路を走ってるとは思えませんでした。

しかし、いつもは大型トラックが行き交う337も昨日はファミリーの車が多く、到着までに時間がかかりました。

さらに車で15分ほどのファームでの打ち合わせなどもあり、、15時に恵庭でも約束していたので、滞在は1時間半くらいでした。

エレムルス問題

昨年から色々見直しを行っているガーデンです。

一気にはできないので、エリアを決めてできる範囲で行うことを提案しています。

今年の懸案。

それはホワイトガーデン。

K’sガーデンの一つの見どころである、一時期だけ現れるこの場所。

写真は10年くらい前のものです。

この植栽は計算の上で行ったわけでもなかったのですが、結果、いい感じに。

見頃は一週間ほどですが、自分的には好きなエリアでした。

が、、、昨年、この景色を見ることができなくて。

ほぼ花芽が立ち上がりませんでした。

このエレムルスは仲良くしている切り花農家のOさんから譲ってもらったものです。

しかし、長く植えっぱなしにしている間に周囲のヘリアンサスの勢いがすごく、逆に花数が少なくなり、、これはもしかして更新しなければなくなりそう〜〜と、、保険のために自家採取して苗を作ったのが7年前くらい。

無事芽が出て、苗に仕立てて50株くらい植えたのが5年くらい前です。
こう言うのって、、花芽が上がるまで時間かかるんですよね。。

昨年は気がついた時は周囲がモサモサで、株の確認ができませんでした。

で、先日見てみたら結構あったので嬉しかぎり、、

この後ですが。

掘り上げ植え直しは秋なので、シーズン中は様子を見ます。

①まず、マーキング。

秋には姿を消しますので、芽数だけテープをつけて、印を刺します。

ちょっと曲がっていますが、その時活躍するのがこのプライスカードホルダーです。去年から使っています。

今まで木杭や芝などを留める目串を使っていましたが、これはグッサリ刺さって、頭にテープつけておくと、迷子になることがありません。(後ほど、マーキングしたら写真でお見せします)

なお、アリウムも見えなくなりますので、マーキングしておこうと思います。

②様子みて、大事なこの子たちの周りに進出してきている植物は除草。

③9月なかばすぎたら大丈夫だと思うので、マーキングしたエレムルスとアリウムをスコップで掘り上げ、残りのヘリアンサスは頑固なので重機で掘り上げる。

④整地、不足分を客土、新たな植え付け

の順となります。

新たなエレムルスのお供はヘリアンサスではなく、白い何か。

早めに決めて手配をしなければね。

ガーデナーの仕事

このエレムルスに関する一連の動きですが。

これがいわゆるガーデナーの仕事です。

ガーデナーにもランクがあると思います。

①指示に従って動く人。

②問題点を洗い出し、計画まで立てたられる人。

③人やら機械やら道具やら植物やら、マネージメント含め全てを自分の手で手配し、実行できる人。

③までできると、フリーランスでやっていけるのだと思います。

そしてさらにその上を目指すなら、植栽デザインができる(計画)、硬いもの(構築物)を含めデザインができる、工事ができる(段取りができる)、もっとおおきなランドスケープにも関われる。。。と言う感じに。。。

最も、、、私は全くこの順を踏んで来たのではなく、、、無謀な進み方をしましたけどね、、、。

ここも。

今では手に入りにくいスイセンがたくさんあるので、なんとかしたいところではあります。

今更ながらではありますが、、、植物は大事に。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー
アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です