日記

ノーザンホースパーク*その道すがら

ガーデン管理

火曜日はノーザンホースパークK’s Gardenのガーデン管理の日です。

ハンギングバスケットやコンテナ類など水やりがないので、管理の人数をしぼっています。

ただいまメインの仕事は枯葉掃除。

広い園を掃除します。

今までは毎日送られてくる日報での確認のみでしたが、週一で管理状況や庭の変化をチェックできるようになったのはありがたい話です。

庭の管理にかかわらず、現場を見るというのは本当に大事なことと思っていました。

例えば、生産の現場。

毎日ハウスを見る=すごく大事でした。

私が種まきするわけではありませんが、見ることが仕事だと思っていました。

店も然り。

一方、体は一つ。

任せられる人が出てきたら、そこは任せて。。という事になるのでしょうが、だんだん足が遠のくのもまた事実。

コテージガーデン最近は滝野、百合、ノーザンと任せられる人がいるので、任せっきりというのが実際のところで、私を必要とするときにしか行けない状態が続いていました。

たかが掃除、されど掃除。

そして庭を歩き観察するといろんなことがわかってきます。

同じ北海道でも、全く違う。

ここは雪が遅く少なく極寒の地。

バラなど根が浮き上がっている。

バラだけでなく、草花も根が浮き上がり、まるでヤチ坊主。

そんな健気な植物を見ながら、できるだけのことをしてあげなければと。

週一の体制をしばらく続けて、じっくり考えて行きたいと思っています。

さて、こちらはノーザンファームの事務所前。

本家本元のノーザンファームの植栽のポイントとなるところのお仕事をいただいています。

応接室に入れた、コーヒーの木が気になっていましたが、担当のかたがこのコーヒーちゃんと対話できるようになって、生き生きと暮らしていました。

そして実ったコーヒーの実。

どなたか、どのタイミングで収穫したらいいのか、ご存知ではないでしょうか。

知る人ぞ知るオーナー夫人はさすが世界を見ていらっしゃる方なので、普通の提案には首を縦に振りません。

だから、難しけど楽しい。

配達

今回は注文品の配達もありました。

ガイア地球びょういん。

お世話になっている方も多いかと思います。

こちらの院長とは海外青年協力隊として帰ってきた頃からの付き合いです。

頼まれた苗木を真鍋さんから調達してきたので、そのお届けに。

二ヶ月のfumiちゃん。

このご時世だから、どうしようかと思いましたが、久しぶりにほかほかの赤ちゃんを抱かせてもらいました。

3月3日に生まれたそうですよ。

両親見ていてわかります。

きっと逞しく伸び伸びと育つでしょう。

そして、もう一つ大事なこと。

そう、ロクちゃんがお世話になっているのもここなんです。

ロクちゃん!

元気でしたよ。

相変わらず、呑気な感じでニャーゴって。

黒猫姉妹は見当たりませんでしたが、納屋ネコとして自由に呑気に暮らせて、本当によかった。

ありがとうございます。

。。。。。。。。。。

今日は早々に目が覚めてしまいました。

本日来客予定あり。

ソーシャルディスタンスを保って、打ち合わせいたします。

 

 

カテゴリー
アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です