ノーザンホースパーク

秋のk’sガーデン

久々のガーデン

先週行けなかったので、二週間ぶりです。

季節はすっかり秋。

フリマニーカエデも半分色づいて。

ハギの川。

ミヤギノハギとそのシロバナは同数植えてありますが、白が終わり紫も終盤。

今年入れた植物はまだ株が小さいので、早めに切り戻したほうが、株には良いですね。

大好きなルドベキア‘リトルヘンリー’。

これって、庭でも長く咲き、水揚げもよく。

多分ドライフラワーにもなるのでは?

大量のアナベルは終盤。

パニカムは穂が出て今が盛り。

ドライの季節

 

朝夕、寒くて、、ちょっとストーブが欲しくなってきたこの季節。

霜直前。

今が、自然乾燥にはちょうどいいい時期です。

ドライといえば花を思い浮かべますが、チョウジソウの葉なども素敵に乾燥植物となります。

カエルさんも寒くて動きが悪く。

ガーデンではリスが範囲も広く、ちょこまかちょこまかと動き回っていました。

ノーザンホースパークに行った時は必ずファームにも行きます。

その道すがら、サラブレットにも会えるんですよ。

今年植え替えた花壇です。

ネペタだけが大きくなり、シモツケが追いつきません。

来年はネペタを減らさなければ。

それにしても、このネペタ。

ちょっと手入れをしてあげると、咲き始めてから休むことなく咲き続ける。

優秀ですね。

カテゴリー
アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です