ノーザンホースパーク

K’sガーデン

バラ園リニューアル工事第一弾

K’sガーデン、今年着手するガーデン見直しの一つが、バラ園見直しです。

バラには最高に厳しいこの土地。

ブリブリのバラは、、、ここでは難しく、10年良かったのに死んでしまったものもたくさんあり、基本的に見直すことにしました。

冬の天候によってかなり左右されるこの地。

品種の見直しに加え、植え床の改善に取り組むことにしました。

堆肥に近いマルチ材をイコロの工藤社長に相談して入手。

いい感じです。

この後、品種選定をして新しい苗を入れますが、今回はその前に苗床をしっかり作り直したいと、、、。

ちょっと大変ではありますが、今がチャンスと捉えて頑張りたいな。

白フジ

塚本こなみ先生のシロフジを見てきたばかりだったので、ちょっと感慨深い。

このフジは最初小さな苗でしたが、一緒にここを作り上げてきたS野さんが丹生込めてここまで伸ばしてきました。

S野さんは平岡樹芸センターで行われる講習会に毎年行って剪定を勉強しているんです。

この後、ぐるっと一周が希望ですから。

頼みますね、S野さん。

シーズンズガーデン

昨年入れた堆肥のマルチ効果が出ていると思います。

どの株も生き生きモリモリしてきました。

カマシアが終わり、シャクヤクまで主役不在ん感じがしますが、今年は久しぶりにアリウムを入れる予定なので、来年の今頃はアリウムだな。。

ここのガーデンのもう一つの主役は実はこの低木にあるのかもしれません。

シルバーと黄色と銅葉。

今年はアキグミの枯れ込みが激しいですけど。。(時々枯れ込む、けど復活する)

コテージのバラ

行き先を探していたコテージのバラ園から掘り上げた大きなバラ。

ファームの大事なところに行き先が決まりました。

4株。

できるだけ、丈夫な品種を選びました。

大事にしていて良かった。

どうぞ、この地に根づきますよに。

 

 

カテゴリー
アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です