庭仕事の現場

雪囲いそれぞれ

冬囲いの仕事

コテージガーデン時代はそのような仕事はなく、といおうか、コテージの庭も自分の庭も人任せでした。

なので、、、一年に数えるほどしかやらない男結びでしたが、今年はいくつかの庭の冬囲いを経験し、しっかり身についた私。

昨日は造園職を長いあいだ離れていて、この夏ガーデナーとして復職したドリンちゃんの応援で雪も風も厳しい隣町のお庭の冬囲いを指導実施しました。

造園屋さんにいましたから当然一般的な冬囲いはプロですが、バラの冬囲いはちょっと特殊です。

それに加えてここの雪も。。。

バラは5本か6本の竹で、そして先端も荷重がかからないように結束。

頼まれてはいませんでしたが、芝の中にあった苗木も保護。

このような苗木は最初の5年くらいが肝心なのです。

ちゃんと育ちますように。

ドリンちゃんの独立のため、ガーデナー職の確立のため、今後このような仕事がありましたら、どうぞ遠慮なくご一報ください。

頑張って、12時半で仕事を終わらせ、SH内にあるレストランAriへ。

何度もここへきていますが、、、実は初Ari.

スウェーデンヒルズだから、スウェーデン料理かなと思いましたが、、美味しい美味しいイタリアンでした。

麺も手打ちで。

めちゃはちきれそうなお腹。。

デザートも大きくて、、、。

美味しかったです。

そのあと

そのあと、美唄の友達美容院に行って、冬囲いの話になりましたが。

やはり単価では高齢者事業団には絶対勝てない、、、冬囲い。

美しさも追求するか、、、実務とコスト面を追求するか。

ですね。。。。

では、今からノーザンへ行ってきます。

 

 

 

 

カテゴリー
アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です