庭仕事の現場

仕事というもの

 

私は早くに結婚出産しましたので、ガッチリとどこかに就職したことはなく(多少はありますが)、仕事と意識し出したのは滝野公園の仕事をいただいき、コテージガーデンを引き継いだ三石を雇う決心をした頃からです。

そしてこの春、第一線から引いて、自分のペースでゆっくりスローな仕事をしようと環境を変えました。

しかし。

お客様にとって、それは関係ないことであり、求められるのは今までと変わりません。

そんな激変の環境の中。

大きくはありませんが、お客様にとっては大事な場面の仕事をいただきました。

植栽の仕事ですから、今までだったらコテージガーデンの店とバックヤードにあるものから自由に選びたい放題でしたが、この春からはそうもいきません。

それでも身動きが中々取れない中、今までのご縁に助けられ仕事を終えることができました。

そして助けになるのはなんといってもマンパワー。

チーム梅木とでも言いましょうか。

今までと違うのは、スタッフとしていつも一緒に動いてくれる、またはその準備をしてくれる人がいないということです。

なのでほぼ準備は一人。

苗一つでも、ポットの雑草を抜き、植栽するまでの期間の肥料を足して、、など速やかに仕事するための見えない準備がとても大切です。

今回、一緒に動いてもらったのは全員個人事業主として細かく仕事されているガーデナーです。

今回は急な要請にもかかわらず、頼りになるガーデナーが来てくれて、阿吽の呼吸で、何も説明することなく、仕事がスムーズの進み、予定以上が完了しました。

しかも、現場に行ったら雨が止み、終わったところで降ってきて、天気も味方してくれた!

昨夜は久しぶりに熟睡しました。

やっぱり、、仕事ってパワー入りますね。

重労働はしていないけど、匹敵する力を使ったように感じます。

写真は昨日ご紹介した無剪定のメギです。

とても小さい苗を植えましたが、大きくなりました。

いい色です。

そして来週あたり咲きそうな小さな花がものすごく楽しみ!

そしてここも。。。

カマシア。。。来週かなあ。。。

ナナカマドの花さえ、可愛く感じる今日この頃。

今日、今から支払い済ませて(これも自分になって結構な手間)、一泊の現場へ向かいます。

現地でも頼りになるガーデナーが助けてくれます。

では、準備して向かいます。

 

カテゴリー
アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です