うちの庭

自分の庭の木

今年の大きな目標は自分の庭です。

自分の庭の建て直しと、手をつけていなかったところへの着手、息子の庭をなんとかする、父と母のために歩ける庭を。。

庭木

剪定の効く樹木とはいえ、、、無剪定ではかなり大きくなります。

5月の真鍋庭園。

見事に大きくなり、花をびっしり咲かせていました。

この樹木はプルヌス・バージニア’ベイリーズセレクト’というものですが、とても好きで、今までもずいぶんいろいろなシーンに植えて来ました。

しかし、、、よく見れば、自分の庭にない。

この度、ようやく私の手元にまいりました。

穴をほって。

クレーンで釣って、浮かせながら中の枝を抜きます。

立ててしまったら、高すぎて選定難しいですから。

ユニックで釣って、一旦入れて、向きと角度を確認し、土入れします。

この時、水極めといって、土を半分くらい入れたところで、ダポダポになるくらい水を入れ、棒で突っつきながら、土中の空気を抜き、隙間のないようにします。

その後、さらに土を入れ、土手を作り再びあふれる寸前まで水を入れる。

水はこの後も何度かあげます。

気をつけなければならないのは、来年以降の扱いです。

雪解け水があるとはいえ、これだけ大き木であれば枝先まで水が行き届かない場合もあり、ここ数年、5月6月の渇水時期にはだっぷり何度か水をあげます。

ちなみに今年動かしたカエデも、買って仮植えしてあるものも、何度か水をあげましたよ。

この水やりですが、皆さんが思ってるよりかなりたっぷりだと思います。

国道を通る人はすぐにわかると思います。

春は緑の葉っぱ、、白い花が咲き、夏になって葉が固まると(新芽ではなく大人の葉になるということです)紫の葉になる。

何より、萌芽力がすごくて、とても丈夫。

今回、芽吹き前にいったん根を切って掘っておいてもらいましたので、葉が全体に小さく、枝も抜いてあります。

2年後くらいには豊かな姿を見せてくれるかと思います。

 

カテゴリー
アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です