ノーザンホースパーク

冬のノーザンホースパーク

レストランの食事

作業でノーザンホースパークに行く時にはお弁当持ちですが、リース教室の時にはパーク内のランチをいただきます。

12に目に食べたのは焼き野菜カレーでした。

この焼き野菜が感動ものの美味しさで!!

野菜いお味の野菜はすぐ近くの農家Tさんから購入するのだそうです(私も知っている人です!)が、めっちゃ繊細で優しい味がする。

そのもののお味が素晴らしい野菜はグリルしていただくのが、なんたってご馳走。

本当は、、、この野菜だけボウルに山盛り食べたい気分、それくらいでした。

ああ忘れられない。。。

このグリルって、、自分の家ですると、結構時間がかかりますよね。

でもすぐ出てくる。

事前に火を通すのかと聞いたら、、、やはりそこはプロの道具。

でっかい業務用の料理器具であっという間にできるのだそうですよ。

「焼き野菜サラダ」とかいって、それだけの単品あったらいいのに。

ちなみにご飯多すぎ、少なめと言えばよかったとホールに人に言ったら、残してくださいね、といわれ、でも残せない私。

めっちゃお腹いっぱいになりました。

二日目の昼はマネージャー自慢の手打ちそばです。

マネージャー自ら打ってるって。

それにキノコのお出汁がたっぷりのお汁。

王様椎茸とか言って、めっちゃデッカイ椎茸入ってます。

美味しかったあ〜。

昨日もお伝えしましたが。。

ただいまレストランでは牡蠣フェアが始まりました。

自分ちにも取り寄せて食べる牡蠣だけど。

プロの手にかかったら、どんなお味になるのか。

年何食べにこうかな。。。

ゲストハウス

そしてこのような時にどこに泊まるのかというと、、。

敷地にあるゲストハウスにお世話になっています。

ここは主に馬主さんとか、社長のお客様がお泊まりになるところで、ベットルームにはバストイレがついて、ホテルスタイルになっています。

2004年に工事を始めた時から、続けて工事のある時など宿泊させてもらっています。

いつものこの講習会に合わせて千歳市内に出かけ、ご苦労さん会なのですが、今回はゲストハウスないで静かに会食。

そして私の誕生日を祝ってくれました。(いつもこの時なので)

やっぱり、、年に一度でもこういう場は必要ですね。。

この場で生まれたアイデアとかもありましたから。

来年も観光業界にとっては厳しい一年になると思うけど、粛々と仕事を進めていきたいと思います。

そうそう。

先日のジャパンカップで勝った「アーモンドアイ」(名前が可愛い)は、ノーザンファーム(ノーザンホースパークの母体)が生産者で、同じく同系列のシルクレーシングクラブっていう馬主の会が馬主なんですよ。

セリでは中くらいの値段で売れた馬だったということですが、これだから馬って面白いのでしょうね。

馬が出産するのは一年に一回(アーモンドアイは牝馬(女子)。

4年産んで、1年休ませるのだそうです。

だから、ディープインパクト(男子)のように年に200回も種付けしその血を残すのではなく、数えるほどしかその血が残らないということだから、、選びたい放題のモテモテですね。。。

しかし、、血が濃くなるのを避けるので、、それなりにお相手mぽ限られるとのこと。、、、、とか、いうお話などもお聞きして、有意義な一晩でした。

 

 

 

 

カテゴリー
アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です