私の料理

美味しい頂き物

楽しみにしているあれこれ

もう何年も送ってくれています。

長女がお腹にいる時のマタニティスイミング時代の友達。

だからもう30年以上。

今はご主人の実家である福井県鯖江市にいます。

もちろんここらへんでも普通に手に入る里芋ですけど、やはりお味が全く違うんです。

佳代ちゃんからは幻の花御所柿。

これがまた、おいしくって。

周囲にお裾分けして、我が家でも毎日一個。

神奈川に戻った元スタッフのお父さんの山で作っている柑橘あれこれ。

無農薬なので貴重なミカンとレモンなんです。

そして今年はなんとザクロまで入っていた!!

夫が喜ぶ〜!

函館に住む妹がいつも送ってくれます。

夫がニシンが大好きで、数の子入り松前漬けは私のリクエスト。

そういえば宮崎に住んでいた夫のお母さんも、この数の子入りをリクエスとしたことがあったなぁ。

ここのところハマっている玉翠園さんのお茶シリーズ。

ガーデナーのユカさんからです。

カフェインに弱い私。

ここのところ、いろんな野草茶っぽいものを愛飲していますが、この玄米を入れると、香ばしくていいお味になるんです。

これにこの玄米を加えると、ものすごく飲みやすくなります。

コテージガーデン時代からエディブルフラワーでお世話になっている宮の森のスーパー「フーズバラエティすぎはら」さんのすぐ近くに住んでいるということで、時々私の好物を買ってきてくれるんです。

ここにはデパ地下にもない素敵なセレクトがありますからね。

そして昆布

函館出身の生徒さんからいただきました。

我が家は毎日昆布を使うので、ありがたく頂きます。

函館に住む妹に聞いたのですが、地震の影響かここ数年めっきり昆布が取れなくなっったって。

だから、すごく貴重な昆布。

で、私。

普段から昆布巻きに一番良いと思われる昆布を探しているんです。

左は北海道では一番一般的な三石昆布=日高昆布、月形のAコープで買いました。

右は稚内に行った時、購入(他にも普段の味噌汁だし用も購入しましたが)。

これで今回、利尻昆布、三石昆布、道南の真昆布が揃ったわけですが(羅臼昆布がないけど)

この前、市場で聞いたのですが、この中(上の写真)で一番ペラペラしている昆布(昆左側の)が昆布巻きにはすごく美味しいってうんです。

柔らかいのに溶けないのですって。

昆布って、厚みだけじゃないのですね。

ググってみますと、柔らかく煮える三石昆布が昆布巻きには一番適しているっていうことなので、市場で勧められた函館の柔らかいけど溶けないっという昆布と、三石昆布で作りましょうか。

でも、、、せっかく買ってきたから利尻昆布でも作ってみようかなぁ。。。と迷う私(平和な迷いだとつくづく)。

どなたか、迷える私に昆布についてご教授頂けませんでしょうか。

教えていただいたら、、、嬉しいな。

 

 

カテゴリー
アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です