お出かけ

法事

叔母の一周忌

一人暮らしの叔母=父の姉が亡くなって1年が経ちました。

一周忌といえば、以前は本当に盛大に行ったものですが、おばには子供がいなくて兄弟世代がすでに高齢ということもあり、最後までお世話をしていた本当の身内だけで取り行いました。

時節柄、お参りだけで済ませようかと思いましたが、父の希望で急遽、食事をしていこうということになり、近くの老舗釜飯屋さんに行きました。

父にはもう一人、亡くなった叔母の近くに住んでいる妹がいて、どうしても会いたかったのです。

そう遠くはないのですが、出かけることそのものが大変になってきますからね。

父の妹も早くに夫を亡くし、長い間の一人暮らし。

父は妹を「長い間、よく一人で頑張ったね」と、ねぎらっていました。

きっと、その一言を言いたかったのだと思います。

一度入ってみたいとおもていたこの店。

釜飯はとっても美味しかったです。

たっぷり残ったご飯とテイクアウトのおでんと天ぷら。

今日の朝ごはんに登場していました。

バリアフリー

今、バリアフリーの庭づくりしていますので、いろいろ考えます。

寿司屋さんとか居酒屋とか和風の店に多いのですが、カウンター以外は掘りごたつが多いですよね。今回もそうでした。(椅子席を予約しておいたけど、それは階段を登る二階でまっったくNG)。

掘りごたつも。。。父にはかなり厳しかったです。

そしてここに限らず、(お寺もそうでしたが)玄関先などに置いてある靴を履くための椅子ですが、低いものが多いですよね。

低い椅子は立ち上がるのがたいへんです。とにくアームがないスツールだと、自力では立ち上がれません。

やはり、当事者にならなければわからないこと、いっぱいありますね。

今日、両親の家と次男の家と私の庭をつなぐエリアの工事をしています。

このままだと、ただ家が建ってる感じですので、ちょっとはエントランス風に。

そして考えるは豪雪地帯のバリアフリーのエントランス。

父の姿は私の30年後ですからね。

早く完成させて、父と母に有効利用してもらいたいと思っています。

 

 

カテゴリー
アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です